私たちの事務所は40年前、構造設計事務所としてスタートしました。20年程前から、総合設計事務所としての新たな展開を遂げ、今日に至っています。
 阪神大震災以降、構造計画と機能性を融合させた安心安全の設計が重要視され、我々は常に骨組みのデザインを基本とした、環境と調和のとれた建築づくりに日々研鑚と研究を重ねています。
 主な業務としては、小・中学校、高校等の文教施設耐震診断・改修設計、改築・新築設計、及び公営住宅、福祉施設の設計に取り組んでいます。また、近年の新たな業務としては、民間事業のお手伝いとして、当社の設計監理の経験を活かした、デザインビルド(設計施工業者の選定を行うためのプロポーザル)の企画・運営・支援業務も行っています。
 今後、当社の特徴を活かした新世紀の新しい建築像を目指し、地域社会発展に貢献できるよう、スタッフ一同、設計を進めていく所存です。